映像化、新刊。

 長らく更新をサボってしまいました。五ヵ月放置はひどいね。それだけ報告することがなかったわけですけど、仕事していなかったわけではありません。
 この五ヵ月間であった一番大きなことと言えば、やはり映画『愚行録』の公開でしょう。映画としての出来が素晴らしく、ご覧になった皆さんの評価も高く、興行成績もよく、原作も売れたという、理想的な映画化でした。
 プロモーションのためにテレビに出たりもしましたが、ここでそれを告知すべきでしたね。

 映像化は続き、実は今日から東海テレビWOWOWの共同制作のドラマ『犯罪症候群』が始まります。フジテレビ系で、23時40分から放送です。症候群シリーズ三部作をまとめてのドラマ化です。地上波のシーズン1で『失踪症候群』と『誘拐症候群』を描き、シーズン2のWOWOWで『殺人症候群』をやります。
 当初、スタッフは「後味のいいものにしたい」などと言っていたので、ならばどうしてぼくの原作をドラマ化するのか、ぼくの作品をやると決めたなら腹を括ってくれ、と頼んでしっかりハードな内容にしてもらいました(←正確なやり取りは違いますけど、まあ掻い摘まんで)。第一回をすでに試写で見ましたが、期待していいものになっていると思います。

 映像化はこれで終わりではなく、今年後半にはもう一本予定されています。これまた映像化が期待されていた作品ですので、お楽しみに。

 映像化だけでなく、本業もやっております。次の新刊は『宿命と真実の炎』。『後悔と真実の色』の続編です。5月刊行。すでにぼくの手は離れていて、発売を楽しみにしているところです。
 この作品は一度雑誌で連載したのですが、出来に満足できず、頭からまた書き直しました。それだけの手間暇をかけただけあり、なかなかの仕上がりだと思います。期待してもらっても大丈夫です。

 その他、『私に似た人』の文庫化などもあります。今頃ですが、今年もよろしくお願いします(笑)。

広告を非表示にする

『壁の男』発売

 『壁の男』、発売されました。
 東京と横浜の書店で、サイン本を作ってきました。以下の書店です。

三省堂書店有楽町店
八重洲ブックセンター八重洲本店
紀伊國屋書店横浜店
有隣堂横浜駅西口店
三省堂書店池袋本店

 他では今のところ、サインをする予定はありません。もしサイン本をご所望の方は、これらのいずれかでお買い求めください。

 ちょこちょこと出ている感想が、どれも好意的で嬉しいです。

広告を非表示にする

『壁の男』見本

 今年唯一の新刊、『壁の男』の見本ができあがった。店頭に並ぶのは28日頃になると思います。
 紹介に書いたとおり、ノンミステリーではありますがミステリー好きが読んでも充分満足していただける内容になっているはずです。「今回はノンミステリーならいいや」などと思わず、ぜひお手に取ってみてください。
 現時点での一番の自信作ですし、一番好きな作品です。ただそれだけに、読者にどう受け取ってもらえるのか、今は不安でいっぱいです。

広告を非表示にする

文庫新刊二点

 ベネチア国際映画祭、行ってきました! 当初予定にはなかったのに、ぼくもレッドカーペットを歩いてしまいましたよ。一生の思い出です。
 写真などは、こちらのサイトに出ていますね。よければご覧ください。
 映画祭も街もよかったのですが、何より愚行録チームの皆さんと仲良くなれたのが一番嬉しいことでした。映画化でこんな嬉しいことがあるなんて、幸せ者です。

 で、日本に帰ってきたら『ミハスの落日』創元推理文庫版が出ていました。それと、もうすぐ『北天の馬たち』の文庫版も出ます。両方とも、よろしくお願いします。
 両方とも、かっこいい装幀でしょ。

 さらに来月は、一年十ヵ月ぶりの新作、『壁の男』が出ます。10月28日発売予定です。こちらもどうぞよろしく。

広告を非表示にする

ヴェネチア国際映画祭、『北天の馬たち』、『壁の男』

 既報ですが、映画『愚行録』ヴェネチア国際映画祭オリゾンティコンペティション部門で上映されることになりました。すごい。試写を観たときから、ヴェネチアかカンヌは狙えるんじゃないかと思ったんだよね。というわけで、来月ぼくもヴェネチアに行きます! ヴェネチア国際映画祭に入れるなんて、もう二度とない機会だからね。

 それと、近刊予告の訂正。
 9月には『ミハスの落日』の他に、『北天の馬たち』の文庫も出ます。忘れてました(笑)。
 11月に発売予定だった新作『壁の男』は、ぼくがゲラを早く見終えたお蔭で10月発売に繰り上がりました。そんなこともあるのか。少しでも早く読んでいただきたいので、これは嬉しい。ぼくの作品としては異色作ですが、そんなこと言ったらどれもこれも異色作なので、通常運転ですね。

単行本未収録ショートショート

 もういっちょ。
 今月15日に啓文社BOOKS PLUS緑町でやるトークショー、まだ残席があるそうです。
 以前のサイン会で一度だけ配った、単行本未収録ショートショートを出席者にはプレゼントします。お近くの方は、ぜひいらしてください。

サイン本

 八重洲ブックセンター八重洲本店さんで、『ドミノ倒し』と『愚行録』のサイン本を作ってきました。
 それと、ブックポート203栗平店さんで、同じく『ドミノ倒し』と『微笑む人』、それから『私に似た人』『灰色の虹』『崩れる』『乱反射』それぞれ一冊ずつ、サイン本を作ってきました。ブックポートさんはおそらく、他の支店にも配本されるはずです。
 よろしければ、お買い求めください。

広告を非表示にする