読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王様のブランチ。

明日5/27(土)9時30分からTBS系列で放送の「王様のブランチ」に出演します。『宿命と真実の炎』について語ります。 最近は知らない人に声をかけられることが増えたから、なるべく顔写真を出さないようにしてたんだけど、ブランチに出たらこれまでの努力は無…

またまたサイン本。

またまたサイン本を作ってきました。三省堂書店有楽町店 『宿命と真実の炎』 『後悔と真実の色』大盛堂書店 『宿命と真実の炎』 『愚行録』SHIBUYA TSUTAYA 『宿命と真実の炎』 『後悔と真実の色』 今回の書店回りで『愚行録』にサインをしたのは大盛堂さん…

またサイン本。

またサイン本を作ってきました。八重洲ブックセンター八重洲本店 『宿命と真実の炎』 『後悔と真実の色』 『壁の男』三省堂書店池袋本店 『宿命と真実の炎』 『後悔と真実の色』 どちらでも、すでにかなりの冊数が売れているとのことで嬉しいです!

サイン本。

以下の書店でサイン本を作ってきました。有隣堂横浜駅西口店 『宿命と真実の炎』 『失踪症候群』紀伊國屋書店横浜店 『宿命と真実の炎』 『後悔と真実の色』 『誘拐症候群』 『殺人症候群』 紀伊國屋さんでは『失踪症候群』が品切れだったので、全巻サイン本…

『宿命と真実の炎』のサイン本。

三省堂書店神保町本店で、『宿命と真実の炎』のサイン本を作ってきました。他に『後悔と真実の色』、『愚行録』、『失踪症候群』、『誘拐症候群』、『殺人症候群』にもサインをしてきましたよ。 他にも都内と横浜の書店さんでサインをして回ります。サイン本…

トークショー&サイン会。

『宿命と真実の炎』のトークショー&サイン会、正式発表されました。2017年5月24日 (水) 19時00分~(開場:18時30分)八重洲ブックセンター八重洲本店 申し込み受付中です。 www.yaesu-book.co.jp でも、ネタバレしないで語ろうとすると、ほとんど語ること…

見本。

『宿命と真実の炎』の見本ができた。嬉しい~。 これまで三十冊くらい本を出してきたけど、今回はその中でも一二を争うほど嬉しいかも。ものすごく手間暇がかかっているし、それだけ手応えがあるから、世に出すのが楽しみなのだ。 すでにプルーフ本で読んで…

発売日決定。

『宿命と真実の炎』の発売日、決定しました。5月11日です。『後悔と真実の色』の続編ではありますが、前作を読んでいなくてもわかるように書きました。ただ、前作のネタバレをしないようにしたので、主人公である西條の身に何が起きたのかを軽くしか説明して…

映像化、新刊。

長らく更新をサボってしまいました。五ヵ月放置はひどいね。それだけ報告することがなかったわけですけど、仕事していなかったわけではありません。 この五ヵ月間であった一番大きなことと言えば、やはり映画『愚行録』の公開でしょう。映画としての出来が素…

『壁の男』発売

『壁の男』、発売されました。 東京と横浜の書店で、サイン本を作ってきました。以下の書店です。三省堂書店有楽町店八重洲ブックセンター八重洲本店紀伊國屋書店横浜店有隣堂横浜駅西口店三省堂書店池袋本店 他では今のところ、サインをする予定はありませ…

『壁の男』見本

今年唯一の新刊、『壁の男』の見本ができあがった。店頭に並ぶのは28日頃になると思います。 紹介に書いたとおり、ノンミステリーではありますがミステリー好きが読んでも充分満足していただける内容になっているはずです。「今回はノンミステリーならいい…

文庫新刊二点

ベネチア国際映画祭、行ってきました! 当初予定にはなかったのに、ぼくもレッドカーペットを歩いてしまいましたよ。一生の思い出です。 写真などは、こちらのサイトに出ていますね。よければご覧ください。 映画祭も街もよかったのですが、何より愚行録チー…

ヴェネチア国際映画祭、『北天の馬たち』、『壁の男』

既報ですが、映画『愚行録』がヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門で上映されることになりました。すごい。試写を観たときから、ヴェネチアかカンヌは狙えるんじゃないかと思ったんだよね。というわけで、来月ぼくもヴェネチアに行きま…

単行本未収録ショートショート

もういっちょ。 今月15日に啓文社BOOKS PLUS緑町でやるトークショー、まだ残席があるそうです。 以前のサイン会で一度だけ配った、単行本未収録ショートショートを出席者にはプレゼントします。お近くの方は、ぜひいらしてください。

サイン本

八重洲ブックセンター八重洲本店さんで、『ドミノ倒し』と『愚行録』のサイン本を作ってきました。 それと、ブックポート203栗平店さんで、同じく『ドミノ倒し』と『微笑む人』、それから『私に似た人』『灰色の虹』『崩れる』『乱反射』それぞれ一冊ずつ、…

『ドミノ倒し』サイン本、小説推理新人賞

三省堂書店池袋本店さんで、『ドミノ倒し』のサイン本を作ってきました。たぶん、まだあると思います。 それと、発売中の「小説推理」8月号に、第38回小説推理新人賞の選考過程が掲載されています。ぼくが推した作品は、残念ながら受賞しませんでした……。

『ドミノ倒し』発売、トークショー詳細決定

『ドミノ倒し』(創元推理文庫)発売されました。今回はユーモアミステリーという作風ではなく、ラストの驚きというミステリ的趣向に焦点を当てた売り方をしています。気になったら、手に取ってみてください。 それと、トークショーの詳細が発表されました。…

『ドミノ倒し』文庫化、トークショー

今月22日に、『ドミノ倒し』が文庫化されます。こんな感じ。 今回は単行本とはがらりと売り方を変えました。ユーモアミステリーとは、まったく謳ってないんですね。日本ではユーモアミステリーを一段低く見る風潮があるので、東京創元社は文庫ではこういう判…

『壁の男』、小説推理新人賞

現在発売中の「オール讀物」6月号に、連載中の『壁の男』の最終回が載っています。単行本化は11月。あまりにもわけのわからない作品なので、連載で追ってくれていた人が果たしていたのかどうか。最後まで読めば、「ああ、そういうことだったのか」とすべ…

自薦アンソロジー

今日発売のアンソロジー『自薦 THE どんでん返し』に、ぼくの「蝶番の問題」という短編が収録されています。一部で評判のよかった短編ですが、ぼくの単著には収録されてなく、これを含んだアンソロジーが品切れ状態だったので、今回復活させることにしました…

今年の刊行スケジュール。

今年の刊行スケジュールが決まりました。 まず6月に、『ドミノ倒し』が文庫になります。創元推理文庫です。 次は9月に、『ミハスの落日』が再文庫化されます。同じく創元推理文庫。 新作は、11月になりました。『壁の男』というタイトルで、文藝春秋から…

熊本大地震。

熊本の大地震、被害がまだ拡大し続けていて、心が痛みます。お亡くなりになった方々のご冥福を、心よりお祈りいたします。 まだ、ご自宅を失ったりなど、避難生活を余儀なくされている皆様には、小説家でありながら、かける言葉がありません。言葉の無力さを…

『愚行録』映画化

なんと、『愚行録』が映画化されることになりました。主演は妻夫木聡さんと満島ひかりさん。脚本を読んだら、けっこう原作に忠実で驚いた。よくうまくまとめたものだ。 もうクランクインしているので、昨日撮影現場に行ってきました。妻夫木さんとも満島さん…

公募ガイド、ドラマ

「公募ガイド」2月号に、コメントが掲載されています。小説投稿者に向けてのコメントです。 それと、ドラマ『悪党たちは千里を走る』は残念ながら全国ネット放送ではありませんが、公式ホームページで放送後一週間は見ることができます。見られない地域の方…

撮影現場訪問

昨年末に、ドラマ『悪党たちは千里を走る』の撮影現場にお邪魔しました。そのときのことがTBSの公式ホームページに掲載されました。すごく歓迎していただいて、嬉しかったです。 幻冬舎plusにも、同じ内容の記事が出ています。 その他、番組の公式ツイッター…

明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 ツイッターをやめたので、せめて公式ページの更新頻度を上げようと思い、トピックスページだけブログにしました。これで、スマホからでも更新できます。 今年はまず、『悪党たちは千里を走る』のドラマ化があります。…