読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像化、新刊。

 長らく更新をサボってしまいました。五ヵ月放置はひどいね。それだけ報告することがなかったわけですけど、仕事していなかったわけではありません。
 この五ヵ月間であった一番大きなことと言えば、やはり映画『愚行録』の公開でしょう。映画としての出来が素晴らしく、ご覧になった皆さんの評価も高く、興行成績もよく、原作も売れたという、理想的な映画化でした。
 プロモーションのためにテレビに出たりもしましたが、ここでそれを告知すべきでしたね。

 映像化は続き、実は今日から東海テレビWOWOWの共同制作のドラマ『犯罪症候群』が始まります。フジテレビ系で、23時40分から放送です。症候群シリーズ三部作をまとめてのドラマ化です。地上波のシーズン1で『失踪症候群』と『誘拐症候群』を描き、シーズン2のWOWOWで『殺人症候群』をやります。
 当初、スタッフは「後味のいいものにしたい」などと言っていたので、ならばどうしてぼくの原作をドラマ化するのか、ぼくの作品をやると決めたなら腹を括ってくれ、と頼んでしっかりハードな内容にしてもらいました(←正確なやり取りは違いますけど、まあ掻い摘まんで)。第一回をすでに試写で見ましたが、期待していいものになっていると思います。

 映像化はこれで終わりではなく、今年後半にはもう一本予定されています。これまた映像化が期待されていた作品ですので、お楽しみに。

 映像化だけでなく、本業もやっております。次の新刊は『宿命と真実の炎』。『後悔と真実の色』の続編です。5月刊行。すでにぼくの手は離れていて、発売を楽しみにしているところです。
 この作品は一度雑誌で連載したのですが、出来に満足できず、頭からまた書き直しました。それだけの手間暇をかけただけあり、なかなかの仕上がりだと思います。期待してもらっても大丈夫です。

 その他、『私に似た人』の文庫化などもあります。今頃ですが、今年もよろしくお願いします(笑)。

広告を非表示にする